宝くじで高額当選を目指す!〜継続は高額当選なり〜:RE

宝くじで高額当選を夢見ながら現実も見るブログ

スポンサーリンク

宝くじが当たったら・・・税金はどれだけかかるの?

f:id:potato1563608:20210522232752j:image

宝くじで高額当選したら税金はいくらかかる?

宝くじで高額当選した場合気になるのはその使い道が1番だと思いますが、税金はいくらかかるのか?というのも気になるところだと思います。

 

結論から言ってしまうと・・・

 

税金は一切かかりません!

 

何故税金がかからないかというと宝くじ購入代金に税金が含まれているからです。

1億当たっても10億当たっても税金がかかることはないので、確定申告をする必要はありません!

しかしその当選金の使い方によっては税金がかかる場合があります。

 

 

税金がかかる場合

f:id:potato1563608:20210523001318j:image

税金がかかってしまう場合・・・ズバリそれは贈与税相続税です!

1年で110万を超える贈与があると贈与税がかかってきます。

 

贈与税なしで高額な当選金を受け取る場合

店舗などで通常購入して高額当選した場合、銀行の窓口まで行く必要があります。

その際に共同購入者全員で受け取りに行き、宝くじ当せん証明書を人数分発行してもらいます。

そうすることで、当選金を共同購入者全員の名義で受け取ることができ、宝くじ当せん証明書によって各自の口座に振り込まれたお金が宝くじの当選金であることが証明されるので贈与税がかかることはありません。

 

ネット購入やATM購入は自動振込みで基本的に共同購入が出来ないので、高額当選証明書を分配する事は出来ません。

例外として宝くじ公式サイトでは共同購入用の項目が追加されたので、共同購入できるようになりました。

宝くじ公式サイトで共同購入できる宝くじは、ジャンボ宝くじ(ジャンボミニ、ジャンボプチ含む)、全国通常宝くじです

 

ネット購入で当選した場合、指定した口座に振り込まれた際に『タカラクジトウセンキン』と記載されるのと300万円以上当選したら高額当選証明書ではなく高額当選通知書が届きます。

それが証明書の代わりになります。

 

ちなみに海外で購入した宝くじが当たった場合、得られる当選金は「一時所得扱い」になるのでしっかりと認識しておきましょう!

 

 

まとめ

・宝くじ購入時点で税金も払っているので当選金自体には税金はかからない。

贈与税と相続税はかかるので注意が必要。

・高額当選証明書を共同購入者全員で行き発行してもらえば贈与税はかからない。

・ネット、ATM購入では基本共同購入は出来ないので注意する(宝くじ公式サイトでは一部共同購入可能)

・海外で購入した宝くじで当選した場合は一時所得になる

 

スポンサーリンク